健康

主治医が見つかる診療所。赤い野菜が血管年齢を下げる|11/9テレビ東京

2017年11月9日(木)放送の「主治医が見つかる診療所」は、血管を柔らかくして、見た目も中身も若返るぞSPです。血管年齢を若返らせる血管ストレッチや3分でできる血管しごき(秘)テク、さらに血管に効く赤い野菜について紹介されます。

そこで、今回は、「主治医が見つかる診療所」で紹介された血管に効く食べ物「赤い野菜」とは何か、「赤い野菜」の料理法などを紹介します!

スポンサーリンク


主治医が見つかる診療所。血管年齢とは?

血管年齢とは「血管の老化の度合いを表す目安となる指標」です。血管年齢が高ければ、血管の老化などによって、血管が硬くなって血管がつまりやすくなり、血管内の血液の流れがスムーズにいかない状態になってしまいます。

そのような状態が「動脈硬化」です。血管年齢は、動脈硬化の進行の度合いを表していると言えます。

「血管年齢」が実際の年齢よりも老化する原因としては、生活習慣が大きく関係します。食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、運動不足、喫煙、睡眠不足、ストレスなどです。

また、すでに高血圧症、糖尿病、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い)などの患っている場合は、さらに血管年齢が老化しやすい為、要注意。

 

主治医が見つかる診療所。血管に効く赤い野菜とは?

血管は年齢と共に老化していくのは、仕方のないことだと諦めていませんか?実は何歳からでも血管を柔らかくすることが可能。血管年齢を若返らせることが出来ることがわかっています!

血管を柔らかくすることで、心筋梗塞や脳梗塞などによる突然死のリスクが減り、代謝アップにより美肌につながるといいます。血管年齢も見た目も若返ることが出来るって素晴らしい!

そして、血管年齢を若返らせるのに重要なのは、体内で「一酸化窒素(NOエヌオー)」を増やすことがポイント。

さて、気になる血管に効く赤い野菜は、何かというと、世界的にも注目されている野菜「赤ビーツ」です!!赤ビーツは、あまり聞いたことがない方も多いと思います。

形はカブに似ていて、ホウレン草と同じ、アカザ科の野菜です。

血管に効く赤い野菜の栄養

赤ビーツは、『飲む輸血』と呼ばれるほど栄養素が豊富な野菜で、イギリスでは健康野菜として昔からよく食べられているようです。ロシアのボルシチにもよく使用されています。

赤ビーツの主な栄養素鉄分、炭水化物、ナトリウム、カリウム、ビタミンC、葉酸

血管に効く赤ビーツの成分硝酸塩(NO3)

血管年齢を若返らせるのに重要なのは、体内で「一酸化窒素(NOエヌオー)」を増やすことがポイントになりますが、赤ビーツに豊富に含まれる硝酸塩(NO3)という成分を摂取することで、体内で化学変化が起きて一酸化窒素(NO)が作られるというわけです。

血管に効く赤い野菜を使った料理を紹介

サラダに入っている赤ビーズは食べたことはありますが、カレーに赤ビーツを入れるのは、個人的に試してみたいです!

スーパーでは、注意して見ないと見つけられない「赤ビーツ」ですが、ビーツ缶として缶詰コーナーにあったりもします。

血管年齢を若返らせるミラクルフードとして注目を集めていますので、今後はよく見かけるようになる可能性もありますね。是非食卓に取り入れてみてください!!

⇒ 赤ビーツの商品はこちら【楽天】

血管年齢に関する情報はこちら↓↓↓

血管年齢の測定方法を知ろう!

血管年齢を下げる食べ物や飲み物を知ろう!

ソレダメ。にしかわ体操の効果とは?|11/8テレビ東京

2017年11月8日(水)放送のソレダメ!老けない身体SPでは、脳神経外科医が認める「にしかわ体操」脳と筋肉をエクササイズ!ついても特集。「にしかわ体操」で脳と筋肉に刺激を与えて老けない身体になるということなのか?

そこで、今回は、ソレダメ!で特集された脳と筋肉をエクササイズする「にしかわ体操」について紹介します!

スポンサーリンク


ソレダメ。「にしかわ体操」の体操講師とは?

テレビやラジオで15年間体操の指導を行ってきたという体操講師とは誰なのでしょうか。脳神経外科医も認めている「にしかわ体操」の体操講師は、西川佳克(にしかわよしかつ)さんです!

2001年から2016年まで15年間、NHK「ラジオ体操」の講師を担当した西川佳克先生。30年以上、「健康づくり」をテーマにスポーツ・運動、レクリエーションを通して、幼児から高齢者、老若男女を問わず50万人以上と触れ合ってきたと言われています。

現在、SPINE株式会社代表、麗澤大学非常勤講師をしているそうです!

⇒1日3分のにしかわ体操DVD付の本はこちら【楽天】

ソレダメ。「にしかわ体操」の効果

脳神経外科医も認めている「にしかわ体操」の効果とは、3分間で脳と筋肉を同時に鍛える高齢者でも簡単エクササイズ! 脳を刺激しながら体も動かすので、アルツハイマー型認知症の原因となるたんぱく質を分解する酵素が増えることが明らかになっているらしい。

腰痛、肩こり、ひざ痛の予防・改善にも期待ができる「にしかわ体操」は、年齢問わず健康の為に実践すると良いですね。

⇒1日3分のにしかわ体操DVD付の本はこちら【楽天】